· 

平均年齢

 

日本の人口動態は、少子高齢化に向かって加速しています

そんな中、当たり前のことですが、どこの業界も高齢化しています

 

もちろん私達がお世話になっている建設業界も極端な人手不足、

極端な高齢化が進んでいます

 

業界全体の技能工(現場作業の職人さん)は平均55歳と言われております

管理者(監督業)を含めても平均47.4歳という年齢です

(これも2年前のデータなので少し上がっていると思います)

 

業界のどなたと話しても新卒さんが思うように採用できないとおっしゃっています

建設業界に入ってくる若い人たちが極端に少なくなっています

 

成り手がないということは、業界の将来が危ういということと直結します

技術者がいないということは、安心して電気が使える環境を提供したり

今ある施設を維持したり、修理する人がいないという事です

 

建設業界、電気工事業界の人手不足は即、日本の危機と言えます

電気は、人間の生活の根幹です

 

停電を体験したことのある人はわかっていただけると思いますが

今の時代は電気が使えないと、何もできません

 

水も出ない、ガスも使えない、トイレも使えない、料理もできない、

風呂も入れない、もちろんパソコンもスマホも使えない、ATMも使えないから

お金もおろせない、何もできません

 

やはり、私達の仕事は社会性が高く、世の中の人のためになくてはならない
職業だと思います

 

何をしたいのか、何をしようか迷っている若い人はぜひ電気工事業界に

入ってきてほしいと思います!!

 

 

そんな中、タカミエンジの社員平均年齢は34.5歳です

業界平均より、13歳も若いです

 

積極的に新卒採用、若手採用を進めており、若い人財を大切に育てております

 

若い人が多いので活気に溢れ、将来の希望に溢れています!!

 

ぜひ建設業界、電気工事業界に来てください

 

そして私たちと一緒に街をつくり、世の中のお役に立ち、日本の将来に貢献しましょう!!